Read Article

加齢によって抜け毛が多く臭いもある場合の対処法

加齢によって抜け毛が多く臭いもある場合の対処法

女性にとって髪の毛は大切なものであり、髪の毛が抜けていってしまうというのは悲しいものでしょう。その対策を行っていきたいというのも事実ですが、何が原因であるのかよくわからないということもあります。しかし、もし頭皮の臭いが強い気がするという印象があったら原因が概ねわかります。適切な頭皮ケアを行っていくことによって対処することができるのでそれに気づいたら速やかに対処を行っていくことが良い方法です。

女性にとって抜け毛は美容の大敵と認識している人が多いでしょう。髪の毛が抜けていってしまうということを経験するとなんとか対策をしていきたいと思うのが当然です。しかし、男性の場合の男性型脱毛症のように簡単に原因がわからないことが多いのが特徴であり、病院に行って検査を受けなければなかなか判明しません。それが恥ずかしいと思う人も多いのが事実ですが、もし臭いが気になったり、指摘されたりすることがあったらその原因は概ねわかり、対策を立てていくことも可能です。

臭いの原因となっているのはいわゆる加齢臭であり、ノネナールと呼ばれる物質がその主成分として知られています。皮脂として皮膚に分泌されているヘキサデセン酸と呼ばれる脂肪酸が活性酸素によって酸化を受けることによってノネナールが生成し、それが空気中に放出されることが原因となっています。そのため、原因となっているのは皮脂の過剰分泌と活性酸素による酸化であり、これらに対処していくことが大切になります。

頭皮を守るために皮脂が分泌されていますが、皮脂は毛穴に蓄積しやすい性質があります。毛穴には常在菌として良性の働きをする菌が住み着いており、それによって皮脂が分解されて保湿作用を示すということが知られています。そのため、通常は皮脂は頭皮の乾燥を防ぐことができる有用な物質として働きます。しかし、それが過剰に分泌されるようになると酸化を受ける割合が大きくなって加齢臭が感じられるようになっていくのです。
これが抜け毛に関係があるのは頭皮において皮脂が影響をおよぼすからです。皮脂が酸化されてしまうほどに過剰にある状況になると、それが毛穴に詰まってしまった状態が通常の状況になってしまいます。毛穴に詰まってしまっている状態では髪の毛が伸びてくることができず、発毛を抑制してしまうことになるのです。また、既に生えている毛も伸びにくくなり、育毛も阻害されてしまいます。これによって生じるヘアサイクルの乱れに加えて、頭皮が皮脂で覆われることで皮膚呼吸が妨げられ、抜け毛が促されることになってしまうとされています。

こういった状況で何より大切なのは皮脂を適切に取り除く頭皮ケアです。一日一回の洗髪を適度に行うことによって皮脂を取り除いていくということが欠かせません。よくシャンプーを頭皮に行き渡らせて洗い流すことが大切であり、むやみに洗って皮脂を取り除きすぎると乾燥をもたらして抜け毛を悪化させてしまうリスクも有ります。ほどよい状態を保つためのバランスを考えた洗い方を身につけることが大切になりますが、そのときには臭いをなくすということを目標にすると良いでしょう。その程度に適度な洗髪を行えば、頭皮を守るために十分な量の皮脂を残すことができ、万全な形で髪の毛を守っていくことができるようになるからです。

女性が抜け毛を気にするのは当然のことであり、原因に応じた対策が必要です。原因がわかりにくいことも多いものの、加齢臭がするときには皮脂が過剰であるのが原因となります。臭いがなくなる程度の適度な洗髪を一日一回行っていくことが良い頭皮の状態を整えることにつながり、髪の毛を守っていくことが可能になるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top