Read Article

男性型脱毛症のための薄毛の薬プロペシアは女性は使えません

男性型脱毛症のための薄毛の薬プロペシアは女性は使えません

抜け毛に悩まされるのは男性だけではなく、女性もまたよく悩まされてしまうものです。男性型脱毛症の存在はよく知られていますが、その治療にはプロペシアを用いることができます。しかし、原因がわかっているからこそ使える薬であるため、男性であっても男性型脱毛症の人にしか使えません。ただし、最近になって治療を行うことはできるようになってきています。

男性は髪がなくなってしまうということはよく知られている事実であり、薄毛対策というと男性のものと考えてしまう人もいます。しかし、女性にもびまん性脱毛症を代表とするいくつかの脱毛症が知られており、これに悩まされる人も少なくありません。

男性型脱毛症の場合にはプロペシアが薄毛治療のために用いられるのが一般的であり、その名が多くの人によって知られるようになっています。しかし、びまん性脱毛症と男性型脱毛症では原因が異なるため、びまん性脱毛症にはプロペシアを使うことができません。男性型脱毛症の原因は男性ホルモンであるテストステロンが5α-レダクターゼと呼ばれる還元酵素によって還元されることによってデヒドロテストステロンが生成してしまい、それが高濃度で頭皮に存在してしまうことが原因で脱毛が進行します。デヒドロテストステロンはヘアサイクルに影響して発毛や育毛を阻害してしまうことが知られているため、その生成を抑制することが治療につながると期待できます。プロペシアは5α-レダクターゼの機能を阻害することによってデヒドロテストステロンの生成を抑制することができるとされており、男性型脱毛症に有効性が高いのです。

一方、女性の抜け毛の場合には男性ホルモンの影響によることは稀です。びまん性脱毛症の原因となるのは加齢、睡眠不足、栄養不足、ヘアケアの誤りといったものであり、ストレスが原因でこういった症状がもたらされる場合もあります。そのため、プロペシアを使用しても抜け毛の対策にすることはできないというのが事実であり、薄毛の薬とはいっても効果を発揮できないケースなのです。

しかし、びまん性脱毛症にも有効な成分が発見されてきたため、その場合でも薬による治療ができるようになっています。ミノキシジルが配合されている育毛剤を使用することによって育毛や発毛を促進するだけでなく、毛が抜けてしまうのも防いでいくことができるのです。ミノキシジルは血管を拡張させることによって血行を促すことができる成分であり、それによって頭皮に十分な酸素と栄養素とが行き渡るようにすることができるものです。びまん性脱毛症では栄養不足や血行不足が直接の問題になってしまっていることが多いため、その状況を改善することによってしっかりと髪が生えてのびやすくすることができます。それに加えて、頭皮の状態も改善していくことができるため、抜けにくいように髪を支えられる丈夫で柔軟性のある頭皮を作り上げることができるようになるのです。

ただし、血行を良くすることができても、必要な栄養素が摂取できていなければ効果はあまり期待できないということは留意する必要があります。薬を使いながら、十分な栄養補給を行っていくことが抜け毛防止に役に立つ方法です。

薄毛の薬として知られるプロペシアは男性型脱毛症に対して効果を発揮するものであり、女性のびまん性脱毛症などには使用しても効果が得られません。びまん性脱毛症は原因が異なるためであり、血行不良を改善できるミノキシジルを含む育毛剤を用いることで抜け毛予防や育毛、発毛を行うことができます。ただし、栄養補給をしっかりと行うことでその効果が発揮できるということは留意しておかなければならないことです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top