Read Article

髪の毛の成長に大切な17型コラーゲンについて

髪の毛の成長に大切な17型コラーゲンについて

女性の更年期障害には肩こりやめまいなど様々な体の変化を及ぼすものであり、多くの人が悩まされるものです。その症状として髪の毛に関わるものもあり、抜毛や白髪が促進されてしまうということを経験する人も大勢います。その予防や対策をしていきたいというのは更年期障害のストレスを軽減する上でも大切なことです。その原因として考えられてきたものに新しいものが一つ加わりました。それは17型コラーゲンの関与するものであり、その理解によって新しい対策をしていくことができるようになるでしょう。

女性は更年期障害に悩まされるようになってしまうというのが典型的であり、閉経にともなって身体に大きな変化がもたらされてしまいます。ホルモンバランスがそれまでとは大きく変化してしまうことが主な原因であり、その変化に気持ちがついていかずにストレスを感じてしまうことも少なくありません。頭痛やめまい、肩こりなどの様々な症状が生じますが、髪の毛が抜けたり、白髪が増えたりしてしまうのもほとんどの人が経験するものです。

髪に関わるトラブルの主な原因となっているのはエストロゲンの減少によるものであるとされてきました。エストロゲンが減少してしまうことによって、男性ホルモンの影響のほうが優位になってしまいます。エストロゲンは発毛や育毛に大きな寄与をもたらし、ヘアサイクルにおける成長期を延長させる働きを持っています。そのため、エストロゲンの減少は髪を育ちにくくしてしまい、結果として抜ける周期が早まってしまうのです。また、十分に育つことができなくなるため、髪自体も細くて色の薄いものになってしまいがちになるのです。加齢にともなってエストロゲンの減少が起こるため、だんだんと薄毛や白髪が進行してしまいやすくなっていき、閉経によって一度に進行することもあります。そのため、対策をしていくためにはエストロゲンと類似の作用をする大豆イソフラボンを摂取したり、栄養を十分に摂って髪がのびるのに必要な栄養が不足しないようにしていくことが大切です。

こういった更年期における変化がすとれすになって、それが原因で抜毛が進行することがあるというのも知られています。ストレスが原因でホルモンバランスが乱れたり、睡眠不足になったり、血行が悪くなってしまったりするのが原因とされており、ストレスをできるだけためないように発散の方法を考えていくことが重要になります。

これらに加えて登場してきた原因が17型コラーゲンの合成が加齢によって減ってしまうということです。17型コラーゲンは髪の毛の元となる毛幹細胞が分裂するために必要なコラーゲンであり、その不足によって発毛ができなくなってしまいます。それに加えて、発毛できなかった毛幹細胞が角質細胞となっていき、髪の毛が抜け落ちるのを阻害してしまうということがわかってきています。そのため、17型コラーゲンを身体の中で作ることができるように原料となるタンパク質をしっかりと摂っていくということが欠かせません。低分子量コラーゲンペプチドなどの必要なアミノ酸を十分に含むサプリメントを摂取していくというのも良い対策法となるでしょう。

女性の更年期障害として抜毛や白髪がよく知られており、その原因は加齢によるエストロゲンの減少によるものであるとされてきました。それによってヘアサイクルが短くなってしまって抜毛や白髪が促進されてしまうのは事実です。しかし、それに加えて、加齢による17型コラーゲンも大きな影響を及ぼしているということが判明してきました。そのため、女性の抜毛の対策にはエストロゲンと類似の作用を持つ成分の摂取だけでなく、17型コラーゲンの原料となるタンパク質を摂ることも大切です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top