Read Article

抜け毛でおでこが広くなってきた。それは、FAGAかもしれません。

抜け毛でおでこが広くなってきた。それは、FAGAかもしれません。

AGAと略されて呼ばれる男性型脱毛症は男性に特有の脱毛症として知られており、おでこやつむじの辺りから脱毛が起こり始めることが特徴的な症状として知られていますが、同じような症状を女性が経験するということも稀に見られるようになってきている状況があり、その因果関係の研究が進められてきました。その結果としてFAGAが存在するということが知られるようになってきているのが現状であり、見た目はAGAのようにして進行していく脱毛症が男女を問わずに起こりうるということがわかってきているものの、AGAとは違って治療が比較的容易であるということは理解しておくと良いことです。

女性の髪の毛が抜けてしまうということは様々な原因で起こるということが知られてきていますが、その中にAGAのようにして起こる脱毛症が見つかってきており、おでこが広くなってきて生え際が後退してくるように感じられてきたり、つむじの辺りから髪の毛が減ってきているように感じられてきたり、抜け毛が増えた印象や髪のボリュームが減ってきた印象を受けたりといった症状が典型的なものとして知られています。こういったAGAのような症状が発生する原因となっているのは基本的にはAGAと同じであるとされており、頭皮の脱毛が進行してしまっている部分で男性ホルモンから作られるデヒドロテストステロンが高濃度で存在してしまっていることによって育毛や発毛が抑制されてしまって脱毛が進んでしまっているとされています。しかし、男性の場合には男性ホルモンがもともと優位であるからこそ起こりやすいのがAGAであるものの、女性の場合には男性ホルモンが劣位であることからたとえ遺伝的な素因があったとしても通常は発症しにくいものであるとされており、大きなホルモンバランスの乱れが生じないかぎりはFAGAを発症しないとされています。

AGAの場合には男性ホルモンであるテストステロンをデヒドロテストステロンに変換する酵素の阻害剤を使用することによってAGAの治療を行って発毛を実現するというのが一般的ですが、これは男性はもともと男性ホルモンを大量に持っているからこそ行う治療であり、女性の場合には同じ薬剤を使用するということなく治療を進めていくというのが一般的になっています。ホルモンのバランスを整えていけば解決できるというのが基本的な考えとして広まっているものであり、そのために食事や生活面での改善を試みて栄養の補給やストレスの軽減などを行っていくというのが一般的に行われている治療のあり方となっています。それによって功を奏するケースが多く、AGAとは違って一生付き合っていかなければならないということになる場合はなく、一時的な症状としてあらわれてしまってしばらくの生活改善の取り組みによって回復することができるようになっています。抜け毛の原因には様々なものがありますが、その原因に加えて遺伝的な要素によって男性ホルモンによる刺激に敏感になってしまっていることによってAGAのような形でおでこが広くなるような脱毛やつむじの辺りが薄くなってきてしまうような脱毛が進行してしまうのがFAGAという理解しておくと良いでしょう。

AGAは男性にとって恐怖となる脱毛症であり、おでこが広くなってきたり、つむじの辺りが薄くなってきたりすることが典型的な症状として知られています。これは男性に限らず女性でも起こることであってFAGAと呼ばれていますが、AGAのように一生の付き合いになってしまうことはなく、生活改善によって治療してしまうことができるものです。抜け毛のパターンの一つとして理解しておくと心配せずに済むでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top