Read Article

20代の女性の抜け毛の原因とその改善法について

20代の女性の抜け毛の原因とその改善法について

薄毛で悩む女性といえば、加齢によってホルモン分泌が減少した中高年の人や産後脱毛症になってしまったお母さんというイメージが強いですが、実は20代の若い世代の間でも悩んでいる人は年々急増しているのが現状です。

本来なら、薄毛で悩む年齢には程遠い世代の人がなぜそこまで急増しているのか考えてみると、様々なことが要因となって結果的に髪が抜けてしまい薄毛になっていることが多いようです。
まず第一に考えられるのは、現代女性の社会進出が進んだことや、核家族の中での子育てや共働きなどによって精神的ストレスが増えて自律神経が乱れたりホルモン分泌が低下することによって抜け毛が増えることが考えられます。

その他にも、過度なダイエットによりたんぱく質やミネラルといった髪の重要な栄養素が十分に採れていないことで髪が成長せずに抜け落ちてしまうこともあり、加えて、タバコの喫煙などの習慣があると、血流が悪くなることによって髪に栄養が行き渡らなくなり成長が滞ることも考えられます。

20代の若い世代で抜け毛が増えてしまうのは、ホルモンバランスの乱れや自律神経の低下によるものだけではなく、シャンプーやカラーリング、整髪料やヘアスタイルなど、日常生活において原因が隠されていることもありますので注意が必要です。

汗をかいたりそれほど汚れていないのに毎日シャンプーをすると、汚れどころか必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまうことで頭皮が乾燥することで髪が抜け落ちたり、香りを残したいからと過剰な量のシャンプーを使用して十分に洗い流せてないのにそれで終わりにすることで頭皮や髪の毛に汚れがつきやすくなることで髪が抜け落ちて薄毛になってしまうこともあります。
そして、20代の若い世代ではお洒落の一環としてカラーリングやパーマを繰り返す人もいますが、カラー剤やパーマ液、整髪料などはあまり頭皮に良くないものであるため、何度も繰り返すことで頭皮を傷めて結果的に薄毛を助長してしまうこともあるのです。

若い女性に人気の高いポニーテールやお団子頭などのヘアスタイルも、髪の毛を引っ張ってしまうために抜け毛を余計に進行させる結果となるので、普段何気なく過ごして習慣になっていることから髪が抜け落ちてしまう原因となっていることは十分に考えられるのです。

抜け毛を少なくするためには、日頃の生活習慣などを改善して髪の毛の健康に良い生活を送る必要があります。

仕事でのストレスなどは、ある程度仕方ないこともありますがあまり溜めすぎず発散させる方法を考えて解消していくことが大切となってきます。

栄養が不足していると感じている場合には、健康な髪を作るため必要なたんぱく質、ミネラルなどを十分に採ることが重要であり、植物性たんぱくである大豆やトウモロコシ、動物性のたんぱく卵や肉、魚をバランスよく取り入れるように心がけ、特に不足することで髪の成長が悪くなる亜鉛は重要なミネラルですのでカキやひじき、昆布やワカメなどの海藻類で摂取していくのが良いですが、食品だけでは難しい場合にはサプリメントなどを利用するのも一つの手段です。

また、髪に良いシャンプーの仕方については、髪を洗う前にブラッシングほこりや汚れを軽く落としたらシャンプー剤を直接頭皮に付けずに十分に泡立ててから爪を立ててごしごし洗うのではなく、指の腹で優しくなでるように洗っていくのが望ましく、すすぎは洗浄剤の成分が落ちるまでしっかりと洗い流して、洗髪後は頭皮の雑菌の繁殖を防ぐためにもドライヤーで十分に乾かすことも大事になっていきます。
それでも状態が改善しない場合には、育毛剤などを利用して髪のボリュームを増やしていくことも改善法の一つですので、場合によっては育毛剤などを併用しながら抜け毛が気にならない快適な生活を送れるように日ごとから一つずつ積み重ねていくことをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top