Read Article

生理期間で抜け毛が増える原因とその対策

生理期間で抜け毛が増える原因とその対策

女性にとって生理は大きな悩みになるものであり、その時期がおとずれる度に体調を崩してしまうことになりがちです。様々な症状が知られていますが、その中で抜け毛が増えるということを経験する人も少なくありません。月経前症候群と呼ばれる一連の症状の中でも美容に大きな影響を与えてしまうものであることから、対策をしていきたいというのが当然のことでしょう。原因をよく知っておくことで対策を立てていくことは可能です。

生理期間になると女性は様々な体調の不調を感じてしまいがちになります。イライラすることが増えたり、ニキビができてしまったり、頭痛や便秘などに悩まされるというのがよくあることであり、食欲が旺盛になってしまって太ってしまうことを嘆く人もいます。そういった一連の症状を月経前症候群と言い、月経が来ることによってその症状が改善するのが一般的です。その症状の中で知られているのが抜け毛であり、誰もが対策をしたいと思うものの一つとなっています。

月経前症候群が起こるのはホルモンバランスの乱れによるものであり、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えることによって体調が大きく変化してしまうことになります。プロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがあるため、これが原因となって髪の毛が抜けやすくなってしまうということが考えられています。頭皮において皮脂の分泌が起こると皮脂が毛穴の隙間に入り込んだり、毛穴を塞いでしまったりすることになります。そうすることによって髪の毛の成長が止められてしまったり、髪の毛がはえにくくなってしまったりすることで薄毛が促進しやすくなるのです。皮脂が溜まりすぎてしまうことによって頭皮の環境が悪くなり、髪の毛も抜けやすくなってしまいます。一方、そのことを知って頭皮を洗い過ぎることによって髪の毛が抜けやすくなってしまっているケースもあります。皮脂を落としすぎてしまうと頭皮が乾燥してしまうことになり、髪の毛を支えにくくなってしまうからです。

このため、脂をあまり摂らないようにするというのが対策として役に立ちます。脂肪分の多い食べ物は避けていくということを食生活で心がけると良いでしょう。それに加えて、頭皮ケアをする上では必死になって洗うのではなく、ゆっくりと優しく洗ってあげるということを心がけることが大切です。薬用の保湿性があるシャンプーなどを用いていくのも効果的な方法です。

一方、月経前症候群がストレスに感じられてしまって、そのストレスが原因で抜け毛が進んでしまうということもあります。ストレスが直接どのようなメカニズムで髪の毛を抜けやすくしてしまうかには諸説ありますが、それによって睡眠不足になってしまったり、血行が悪くなって栄養素が行き渡らなくなったりしてしまうことが示唆されています。そのため、ストレスをためないようにすると共に、軽い運動をして血行を促すということも有効な対策となります。

また、生理によって貧血になってしまいやすいのが女性の特徴であり、それが原因で髪の毛に酸素が行き届いていないことが抜け毛の原因となる場合もあります。そのため、生理期間には特にしっかりと鉄分をとって補給を行っていくことを欠かさないようにするのが大切です。

女性は生理期間になると月経前症候群に悩まされることになりがちです。ホルモンバランスの乱れによって髪の毛がぬけやすくなってしまうこともあります。その主な原因は皮脂の過剰分泌によるものであり、適度に皮脂を洗い流す習慣を作りながら、脂肪分を控えた食生活を送っていくことが対策になります。ストレスの蓄積や鉄分の不足もこの時期に起こりやすいので注意することが大切です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top