Read Article

カラーリングは薄毛の原因に。カラーリングの正しい方法で抜け毛を予防しよう

オシャレを楽しみたい女性や白髪が気になる中年以降の女性にとって、髪の毛を綺麗に染めてくれるヘアカラーは無くてはならない存在ですよね。最近では子供を除くと髪を染めていない人のほうが珍しく、綺麗に染めることは化粧と同じくらい大切なことになってきていますが、ヘアカラーはやり方を間違えると抜け毛を進行させてしまうこともあるのです。正しいやり方を守って行わないと、オシャレしたつもりが薄毛に悩むという本末転倒なことにもなり兼ねないので、よく注意しましょう。

誤解しないでいただきたいのが、ヘアカラー自体が抜け毛の原因になるというわけではなく、あくまでもやり方を間違えると髪の毛の正常な発毛や成長に影響を与えて薄毛を進行させる結果になるということで、髪の毛を染める場合は美容院などプロの手で染めてもらう人と販売されているものを買ってきて自分で行う人がいますが、抜け毛が起こりやすいのは圧倒的に自分で行った場合です。通常、美容院で髪を染める場合は薬剤を髪の毛に塗ったあと十分時間をかけて内部まで浸透させることになり、これは髪の毛1本1本にとって確かにダメージになりますが、美容師さんたちはプロなので薬剤を頭皮に付けることはあまりありません。カラーが抜け毛の原因となるのは、この薬剤が頭皮に刺激を与えて炎症などの肌トラブルを引き起こしてしまったり、髪の毛にとって大切な毛穴に詰まって元気な髪の毛の成長を邪魔してしまうからなのです。カラーの薬剤は、髪の毛のキューティクルを無理に開いて内部に入り込んでいき、さらに色素を定着させるためにどうしても強力な成分を使用する必要があり、この強力さが頭皮にとっては多大なダメージとなってしまいます。

ではこのようなダメージを避け、抜け毛を起こさないようにするためにはどうすれば良いかというと、第一は薬剤に添付されている使用説明書をよく読んでやり方を必ず守るということです。頭皮に使用する前に腕などの目立たない部分でパッチテストを行い、もしかぶれたりかゆみが出たら頭皮でも同じような反応が起きる可能性が高く、髪の毛が抜ける原因になる危険性がありますし、薬剤を塗布してから洗い流すまでの時間もきちんと守らないと、例えパッチテストで問題が無くても長時間肌に薬剤が触れていれば炎症が起きてしまいます。こういった使用方法を守るということの他には、髪を染める前日はシャンプーを控えることで皮脂などが頭皮に残り、薬剤が直接肌に触れてダメージを与えるのを防いでくれますし、数日前から頭皮マッサージなどを行って血行を良くして、頭皮の状態を健康で強いものに整えておくのも良いでしょう。

髪を染めるうえで最も正しい方法というのは、美容室でダメージケアや頭皮の保護成分が含まれた専用の薬剤を使用し、プロの手で行ってもらうことなのですが、時間やお金が無い場合は自分でしてしまうことも多いものです。その場合でも、上記のように自分の肌がその商品と合っているかをパッチテストしてから髪に使用したり、事前に頭皮を少しでも守れるよう注意することで、頭皮がダメージを受けて髪の毛が抜けてしまうことを防ぐこともできるので、もともと薄毛で悩んでいる人などは特にこのような正しいやり方で染めるように気を配りましょう。髪の毛を均一の色で染めると、毛と頭皮のコントラストが曖昧になって薄毛を目立ちにくくさせる効果もあるので、薄毛の人の場合は染めることを避けるのではなく、正しいやり方で綺麗に染めることでダメージを避けつつ、さらに薄毛を隠してくれるというメリットもあるので、美容室などでプロに相談しながら実践してみるのもおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top