Read Article

女性の抜け毛で薄毛の自覚症状がなけば心配なし

女性の抜け毛で薄毛の自覚症状がなけば心配なし

髪の毛が抜け落ちてしまったことに関して不安を抱えてしまうのは誰でもあることですが、それが女性に発生したことであれば抜け毛を見た際のショックはより強いものになるでしょうし、何より自分は薄毛になるのではないかということで将来的な髪の毛への不安はとてつもなく大きな物になっていくことでしょう。

もちろんそうした抜け毛を見てヘアケアをしていくということであれば何も問題はありませんし、早い段階で本格的なヘアケアに乗り出すことが出来れば今後髪の毛が薄くなってしまう可能性を大きく引き下げ、またそれだけではなく髪の毛自体も美しく若々しい状態を長く保てるようになります。

しかしながら多少の抜け毛があったからといって即座に薄毛であることを疑う必要があるのかと言うとそうではなく、そもそも人の髪の毛は毎日60~100本ほど抜けていくものであるということを考えると、他に思い当たるようなこと、特に自覚症状と呼ばれるような症状が起きていない限りは過剰に気にする必要はないとして考えられます。

では薄毛が発生した際に生じる自覚症状としてはどういったものが挙げられるのかと言うと、これについてはさまざまなことが挙げられるのですがその多くは自分で髪の毛や頭皮をチェックした際に確認できる症状であると言えます。

まず最も重要な髪の毛自体の状態についてで、ここでチェックしたいのが「抜け落ちた髪の毛がこれまでよりも細く短い状態になっていたかどうか」と「抜け落ちた髪の毛の毛根部に白い脂肪の塊のようなものが付いていたかどうか」といったようなことです。

「抜け落ちた髪の毛が細く短い状態になっていたかどうか」では抜け落ちてしまう髪の毛のコンディションを知ることが出来、もし仮に抜け落ちた髪の毛が細く短い状態だったのであればそれは髪の毛の発育に何らかの問題があると判断するべきです。

また「抜け落ちた髪の毛の毛根部に白い脂肪の塊のようなものが付いていたかどうか」では抜け落ちた髪の毛が毛包と呼ばれる髪の毛が生えてくる部分と一緒に抜けてないかどうかを確認することが出来ます。
これらのどちらか一つでも思い当たる節があり、そしてそれがほぼ毎回のように高い頻度で発生しているのであれば、それは薄毛になる兆候だと考えて早めに対策に乗り出した方が良いと言えるでしょう。
次に髪の毛の状態以外でチェックできる部分になるのが頭皮の状態で、ここでチェックするべきとなるのは「頭皮の色が白以外の色になっていないかどうか」と「頭皮を軽く押した時に突っ張る感じが無いかどうか」、そして「髪の毛の上から頭皮の色が透けて見えるようになっていないかどうか」です。

頭皮の色は本来白色ですから褐色などになってしまっているのであれば薄毛の徴候であると言えますし、頭皮を軽く押した時に突っ張る感じがする、髪の毛の上から頭皮の色が透けて見えるようになっているといったような状況であればそれは薄毛を疑うことが出来るでしょう。

ここまでに挙げてきた自覚症状はほんの一部ではあるのですが、もしどれかに心当たりがあると言うようであれば自分は薄毛であると判断できる、しかしいずれも思い当たる節が全くないというのであれば、それは薄毛ではないとして考えることが出来るわけです。

若々しく美しい髪の毛を持ち続けたいというのはあらゆる女性が持つ願いですから、抜け毛が見つかった時には「薄毛になるのではないか」と心配する気持ちが出てくるのも仕方ないことです。
しかしながら薄毛になるのではと気にしすぎてしまうと却ってストレスで頭皮への血流が悪化してしまい、本当に薄毛になってしまうことが考えられますので、自覚症状がまだないのであれば薄毛になるのではといった不安はなるべく持たず、軽いヘアケアを行って髪の毛を回復させるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top