Read Article

育毛シャンプーで抜け毛対策をしてみませんか

育毛シャンプーで抜け毛対策をしてみませんか

女性の抜け毛の原因は男性で起こる生え際や頭頂部が薄くなる脱毛症とはタイプが異なり、髪のボリュームが減るという特徴がです。誰にでも起こりうることですので早めに原因と対処法を知っておけば、人目が気になって外に出るのが億劫になったり鏡を見るたびにため息がでて落ち込んでしまうなんて事も未然に防ぐことができますので、間違った対策を行っていないか確認することがまず大切です。

原因は主に年齢からくるものがあげられますが、長年の間に頭皮を引っ張り続けているような髪型を長時間行っていたりいつも同じ髪型にしていることで起こるものは「けん引性脱毛症」と呼ばれ、このタイプは頭皮に負担がかかることで頭皮の血行が悪くなる事でおこります。部分的にというよりは全体的に薄くなるものは「女性型脱毛症」と言われ主な原因はストレスや食生活の乱れによるホルモンバランスの乱れによるもので40代以降の女性に多く現れる症状です。

他にも産後に一時的におこるタイプのものやアレルギー性・ストレス性の円形脱毛症や炎症によるものがありますが原因が判らない場合には医師の相談を受けるようにし、自分でできる対策としてはシャンプーやリンスなどのヘアケア製品を見直し育毛シャンプーを利用する事をおすすめです。自分の頭皮に合わないヘアケア製品は頭皮へダメージを与えたり髪を傷めてしまう原因になる可能性があり刺激が増えることで抜け毛が増えてしまう事もありますので注意しましょう。

対策としてシャンプーなどのヘアケア商品を見直す時には自分の抜け毛の原因が何処にあるかを確かめてから購入する事が大切で、頭皮の皮脂が多過ぎる場合には洗浄力が高いものを選ぶと良いと思われがちですが、実は洗浄力が高いシャンプーを使うと逆に皮脂を増やしてしまう機能が働き逆効果になる事があります。サッパリ感を求めて洗浄力の高いものを使い続けると皮脂の分泌を促してしまうことになり毛の育成が悪くなり、女性に多い髪のボリュームが少なくなるという症状が出やすくなります。

抜け毛対策用シャンプーとしでは頭皮や毛に負担をかけないアミノ酸系の洗浄成分のものや無添加のものがおすすめで、一般的なものと比べるとお値段は高めですが育毛剤との相性もよく必要以上に皮脂を取りすぎないという効果があり、アミノ酸系の成分が入ったものは古い角質を取り除き頭皮をしっとりとさせるだけではなく、毛髪内部まで水分を運び地肌はもちろん毛髪自体を元気にする効果があるほか、石鹸や石油系とは異なり頭皮への悪影響が少なく環境にも優しい育毛シャンプーになっています。

頭皮の血行不足が原因のタイプの方には血行を促進し新陳代謝をあげる効果のある生姜エキスが入ったものを、フケやかゆみが気になるという方はルイボスエキスや酵母エキス・ドクダミエキスなどが入ったものを利用すれば炎症を抑えることができるのでおすすめです。黒大豆由来の成分が入ったものには女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが入っているのでホルモンバランスの乱れが原因のタイプの方にも効果が期待できる商品となっています。

今では脱毛ケアタイプのヘアケア商品をひとつとっても様々なタイプのものが販売され、脱毛ケアはもちろんハリやコシをだしたりボリュームを出す事が目的のものやツヤをだしふんわりとまとまるタイプなど髪の洗い上がりの質を自分で選べる時代になっています。内側から髪を育てる力をよりあげたいという時には育毛剤と併用して行うとより頭髪用洗剤の効果をあげ、症状を緩和する力をつけるだけではなく、スタイリングを整えやすくなるなどの相乗効果を期待する事ができますのでおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top