Read Article

ある日から突然抜け毛が増えたら病気の可能性も!原因と対策法

ある日から突然抜け毛が増えたら病気の可能性も!原因と対策法

ある日から突然髪の毛が抜け落ちてきてしまうということを経験することもあります。突発的に一度に髪の毛を失ってしまうとなると何か原因があるのではないかと疑うこともできるでしょう。加齢などによって徐々に進行する脱毛とは異なり、一度に抜け毛が発生してしまったときには病気になっている可能性も疑うことが大切です。その原因がわかれば適切な対策を行っていくことによって改善できることが多いからです。

髪の毛が急に抜け落ちてしまうというのを経験するのは女性には意外に多いものであり、それによって受けるショックは大きなものでしょう。突然に起こった事実にパニックになってしまう人もいるはずです。しかし、そういうときには落ち着いて、抜け毛が発生してしまった原因を考えていくことが大切になります。その原因が病気である場合もあり、治療を行うことで対策ができることも多いからです。女性の場合に多い急に髪の毛が抜け落ちてしまう病気として挙げられるものが鉄欠乏性貧血、甲状腺機能低下症、膠原病の三つです。

貧血に悩まされるということは多くの人が経験するものですが、鉄欠乏性貧血はその中でも最も典型的なものです。月経の度に血液を失ってしまうことになるため、鉄分の不足が引き金となって慢性的に貧血に悩まされてしまっている人も多いでしょう。あまりに慢性化していると病気という認識を持たない場合もありますが、それが原因で髪の毛が抜け落ちるというのはしばしば見られることです。症状としてめまいや頭痛、疲れやすさといったものが伴いやすいのが特徴であり、鉄分の不足によって血液中のヘモグロビンが不足してしまっている状態になっているのが原因で発症します。ヘモグロビンによって運搬される酸素が身体中に行き届かなくなってしまうため、髪にも影響が出て抜けやすくなってしまうのです。鉄分の十分な摂取や、葉酸の摂取による造血を行うことで解消することができます。

甲状腺機能低下症は甲状腺の働きが弱まってしまった結果としてむくみや冷え、疲労感などもともなって大量の抜け毛gあ起こるのが特徴です。甲状腺ホルモンの働きとして髪の毛を作るのに必要は毛母細胞を活性化する作用があり、それが亡くなってしまうことによってヘアサイクルが乱れて髪の毛が十分に成長できないままに抜け落ちることになってしまうのです。加齢が原因で発症することもありますが、自然に治ることが多いのが甲状腺機能低下症であり、それほど長期的な心配をする必要がありません。医者に行って甲状腺ホルモン剤を飲むことによって治療を行うことが可能であり、それによって脱毛を抑制していくことが可能です。

膠原病は自己免疫疾患の一つとして知られるものであり、女性に発生しやすいことが知られています。抜け毛との因果関係が明確にはなっていないものの、血行不良が起こってしまうことが多いのが原因で髪の毛に栄養が行き届かなくなっていることが原因となっていると推定されています。そのため、食生活に気をつけて十分に栄養を摂るということが大切であり、それに加えて適度な運動をすることで血行を促進していくと髪の毛に栄養が行き届いていくようになります。また、ストレスが膠原病の症状を悪化させることが多いのでストレスを溜めない生活を心がけることが必要です。そういった対策で予防を行っていくことができるのが膠原病のケースです。

急に髪の毛が抜け落ちてしまうと誰もが驚きを隠せません。そのときには病気の可能性も考えて原因を追求することが大切です。女性の場合には鉄欠乏性貧血、甲状腺機能低下症、膠原病の可能性が高いということも理解しておくと、その原因に応じた対策を立てていくことができます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top