Read Article

食生活で抜け毛予防するためには

食生活で抜け毛予防するためには

近年増えているのが若い女性の抜け毛や薄毛になりますが、これはパーマやカラーリングなどの頭皮へ負担がかかるオシャレのほかに、食生活の乱れ、ストレスや不適切なヘアケア、髪の毛が長時間引っ張られる、過度なダイエットによる栄養不足、喫煙に睡眠不足などさまざまなものが上げられます。

睡眠が足りなければ髪の毛の成長や髪の毛のダメージの修復時間が少なくなり、パーマやヘアケア不足では毛根にダメージがいってしまうほか、ダイエットや食生活の乱れはタンパク質不足などを引き起こしてしまい髪の毛に栄養が回らなくなってしまうことで抜け毛の原因となり、ストレスは緊張によって頭皮が硬直して血行が悪くなる、タバコは毛細血管を傷つけて毛細血管を硬くしてしまい血流を悪くすることなどが考えられるのです。

このような髪のトラブルを避けるためには対策を立てていく必要があります。
そのひとつが食べる物を改善して頭皮や髪に良い食生活をしていくことがあげられ、髪の毛に必要な栄養素を髪に届けて髪の毛の毛母細胞の分裂を正常にすることによって髪の毛が正常に成長することへ繋がっていきます。
栄養は血液によって届けられるため、食べ物を改善したとしても血行が悪いと折角摂取した栄養も行き届かないことが考えられるため、栄養をしっかりとりながら血液を流れを改善していくことが髪の毛を抜けないようにすると同時に美しくすることになります。

抜け毛対策に良いとされる食べ物はたくさんあります。ひとつは髪の毛の材料になるタンパク質を含む、魚類や大豆製品、乳製品で、細胞の成長や生成を促進させ、タンパク質が髪になる働きを促進させるビタミンB群、頭皮を含めた皮膚全体の新陳代謝を活発化させ、髪の毛の寿命を延ばし、毛細血管を太くして血流を改善させる効果のあるビオチン、頭皮細胞を壊してしまい過酸化脂質の姿勢を押さえて血管の保護や血行促進作用のあるビタミンEは緑黄色野菜やナッツ類からとることができ、髪の毛に元となる栄養を補給することのできる亜鉛は牡蠣やレバー、玄米に胡麻、卵黄などによってとることができ、亜鉛の吸収率を高めるためには梅干しやレモンに多く含まれているクエン酸などが効果的だとされています。

食べ物で女性の髪の毛が抜けることや薄毛を改善していくことは十分にできると考えられています。
しかし、その分髪のトラブルを促進してしまう栄養素もあることは覚えておく必要があり、バターやチーズ、肉類もタンパク質が含まれているため適量を食べることで髪の毛を抜けることを防ぎますが、脂質が多いため食べ過ぎると皮脂を過剰に分泌させてしまい頭皮環境にも大きく影響することあるため注意が必要で、さらにお菓子やジュースなどの糖分の多い食品も皮脂の過剰分泌に繋がってしまうため摂り過ぎないようにし、漬物やポテトチップスなどの醤油や塩などの調味料などを多く使っているものも原因となってしまい、過度のアルコールも頭皮に栄養を送れなくなってしまう原因となるためこれも髪の毛が抜けることに繋がってしまい、辛い刺激物や冷たいアイスクリームなどを過剰に摂取することも血行が悪くなってしまうことに繋がるため注意が必要となります。

ほかにも、インスタント食品やスナック菓子に含まれるフィチン酸、ポリリン酸、サプリメントなどで過剰摂取してしまった食物繊維、食後に飲むコーヒーや紅茶、緑茶に含まれるタンニン、過剰にとってしまったカルシウムなどは亜鉛の吸収してしまうことがあるため避けることが無難です。

また、食べ物だけではなく生活習慣や洗髪のやり方などを改善することによって、内側からも外側からも髪の毛をケアしてくことができるようになります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top