Read Article

髪を育てる抜け毛予防に必要な栄養素とは

髪を育てる抜け毛予防に必要な栄養素とは

基本的には頭を守るためにしっかりと髪の毛が伸びていって簡単には抜けてしまうことがないように恒常性が働いていますが、それを妨げてしまうような何かが身体の中で起こってしまうことが原因となって髪が抜けてしまうようになってしまうということになります。その原因として近年多くなってきているとされているのが普段の食生活に由来するものであり、十分に髪を育てるために必要な栄養素が摂取できていないことによって、髪の成長が妨げられてしまったり、ヘアサイクルが乱れたりしてしまっているというものであり、その改善を行っていくことによって抜け毛予防を実現していくことができる可能性が示されてきています。

髪の毛がしっかりと育っていくためには髪や頭皮をいたわっていくということは大切なことであり、髪を大切にする女性にとっては適切なヘアトリートメントをするというのは毎日欠かさず行っているものであるものの、それでもなお髪が抜けてしまうということに嘆く人も大勢いるのが現代の状況であり、その原因として栄養不足の影響が大きい人が増えてきている傾向があります。
髪の毛が育つためには必要となるものが多数ありますが、その代表としてあげられるのがそもそもの材料となるタンパク質であり、髪の毛の99%がタンパク質で構成されていることを考えてもしっかりと十分量を摂取し続けていなければ髪の毛を維持していくことができないというのは誰が考えても明らかなことでしょう。特に髪の毛を構成するタンパク質としてケラチンが多いというのが特徴であり、そのアミノ酸組成の上ではシステインが多く含まれていますが、システインは眼精疲労の緩和の際にも消費されてしまうことが多く、目の疲れを生じやすいパソコンやスマートフォンを多用する状況になっている現代社会においては単純なタンパク質不足だけではなく、システイン不足になっている人も多いとされています。
一方、必要な材料であるタンパク質を十分にとっていたとしても、それを使って髪を作るということが行われなければならず、そのために必要となるミネラルとして知られる亜鉛や鉄をしっかりと補給することも大切になり、特に亜鉛は不足すると育毛も発毛も行えなくなってしまうことが知られているほどに重要なものです。亜鉛は細胞分裂の際にDNAなどの核酸を合成する酵素に不可欠なものであるため、髪の毛をのばすために必要になる毛母細胞の分裂において欠かせないものであることに加え、材料になるケラチンの合成にも関与し、髪を守って抜けたり切れたりしにくくするためのキューティクルの生成にも不可欠となっています。鉄は血液中のヘモグロビンを作ることを介して酸素を効果的に運搬できるようにすることに重要な役割を果たすことに加え、髪の毛が成長する際に働く酵素にも必要なミネラルとなっています。
また、ホルモンバランスも抜け毛に関与するとされており、女性ホルモンとして知られるエストロゲンがしっかりと分泌されていることによって抜け毛を防ぐことができます。そのために役立つビタミンとしてビタミンEが知られており、ビタミンEは抗酸化物質としても働くことから過酸化脂質の生成も抑制して血流を良くすることもできるため、頭皮に栄養や酸素をスムーズに送り届けることにも寄与してくれるものとして知られています。

このように様々な栄養素が髪の毛の成長を促すために不可欠であり、不足してしまうことによって抜け毛が起こってしまうことになります。予防のためにはタンパク質、システイン、亜鉛、鉄、ビタミンEなどを積極的に摂取していくことが大切であり、食生活の見直しを行っていくことが欠かせません。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top