Read Article

抜け毛を予防する漢方の考え方と調合

抜け毛を予防する漢方の考え方と調合

女性にとって髪が減っていってしまうということは由々しき事態であるというのでは明らかであって、何らかの方法で対策をしたいと思うものの、多くの人が経験するのが更年期症状として薄毛になってしまうことは経験せざるを得ないものとして認識されている状況があるでしょう。身体の調子が更年期になるとおかしくなってしまうということはよく知られていることであるため、そのときの体質をうまく改善していこうと考えると漢方の出番であり、抜け毛の予防ができる可能性を考えてみたくなるものですが、実際にそういった薬が存在しているということを知っていると試してみる気にもなるでしょう。

更年期になってしまうと髪の成長に役立っていたエストロゲンが減っていってしまうという状況がおとずれるため、女性抜け毛を経験してしまいがちになるということがよく知られていますが、そういった体質の変化にうまく抵抗していくことによって髪の毛をなくさずに保持していくということもできます。そのために役立つのが個々の体質に応じて選んでいくことで体質を変えていく効果を発揮することができる漢方であり、東洋医学の面からみても薄毛についての考え方が存在していて適しているとされる配合の薬が存在しています。漢方における女性の抜け毛を予防するための考え方として存在しているものが三つあり、一つは血液を補給することによって髪の毛を作り上げるという考え方で当帰芍薬散が用いられ、もう一つは自律神経系を整えるために弱まってしまっている気のめぐりを改善するという考え方から柴胡加竜骨牡蛎湯や桂枝加竜骨牡蛎湯が用いられ、最後の一つは腎の機能を改善することによって薄毛を改善するという考え方のもとに補中益気湯や八味地黄丸が用いられるとされています。こういったアプローチであれば更年期症状によって生じている薄毛以外であっても、栄養不足やストレス、睡眠不足などの様座な原因で起こる薄毛に対して効果を期待することが可能であり、様々な要因で発生してしまうことが多い女性の薄毛に対して良い効果を示すと期待することができます。しかし、実際には個人に応じて適切な配合を行っていくことが大切であるとされており、そのためには専門家に相談をして個人に体質に合ったものを調合してもらうという必要がありますが、それ以外にもまだ選択肢があるということを理解しておくことが大切です。
更年期になってエストロゲンが減少してしまうことで髪の毛が育ちにくくなってしまうというは事実であるものの、それだけが抜け毛の原因になっているわけではなく、更年期症状によって生じるストレスによって髪の毛が抜けやすくなってしまっているということもよくあることであるため、それを軽減することとができる漢方を用いることによって解決を図るというのも可能な考え方です。加味逍遙散や黄連解毒湯といったものはストレスによる自律神経系の乱れやイライラの症状を抑えることができると知られているものであり、これらを上手く使用することによって薄毛の予防や改善を行っていくことができると期待されます。

更年期症状によって抜け毛が進行してしまうというのは女性の多くが経験するものですが、その対策として漢方による体質改善を行っていくというのは賢い考え方であるといえます。もともとの考え方として三つの予防の考え方が存在していることから更年期症状によらずに解決することが可能であると期待される調合が存在しており、さらには更年期症状に特化して効果を期待できるものもあります。こういった物を利用していくことによって毛が抜けていってしまうという由々しき事態に予防をしていくことができるのです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top