Read Article

抜け毛の原因は病気かもしれないと疑う大切さ

抜け毛の原因は病気かもしれないと疑う大切さ

髪の毛が抜けやすくなってしまう理由には様々なものがあり、男性のようにAGAのような典型的なものがあるとは限らないのが女性の場合であって、その特定には苦労をしがちになるのが一般的ですが、その原因として疑ってかかった方が良いのが病気になっている可能性です。抜け毛を起こしてしまう可能性が高いものが多数知られているからであり、突然にかかってしまう場合もあれば徐々に進行してきた結果として髪が抜けてしまう状態なってしまうということもあることから、病院にいって検査を受けて可能性を確認しておくということが重要な考え方になります。

男性の場合にはAGAがよく知られているように脱毛が起こった場合の多くが共通の理由を持っていることが多々あるものの、女性の場合には個人によってその原因が複雑に絡み合っていることもよくあって特定が難しいということがよく知られています。しかし、抜け毛が症状として生じてしまうような病気が理由で起こってしまっているということも珍しいことではないため、その種類と特徴や対策についてよく理解しておくことは髪が抜けてきてしまったときにどのような対応をしていけばよいかということを考える上で重要なことになるでしょう。

抜け毛を症状として起こす病気として最も典型的なのが貧血であり、月経にともなって血液を失ってしまうことが主な原因となって鉄欠乏性貧血が起こっている人は多く、普段から疲れやすさを感じていたり、頭痛やめまいや吐き気といった症状に悩まされていたりして自分が貧血だという自覚を持っている人もそれほど少なくはありません。貧血が起こっているというのはそういった症状が出るだけでなく、身体の隅々に酸素が行き届かなくなってしまうことによる症状が出てきてしまいやすくなるものであり、その一つとして頭皮への酸素供給が減ってしまうことによって髪の毛を育てるためのアミノ酸やミネラル、ビタミンなどが十分に供給されていたとしても育つためのエネルギーを発揮できなくなってしまって髪の毛が弱くなってしまい、抜けやすくなってしまったり、生えてこなくなったりしてしまうことがよくあるのです。この際には貧血を治療するということが最も重要になることであり、酸素を運搬するのに欠かせないヘモグロビンを作るのに必要な鉄分の補給を行い、造血を行うために必要になる葉酸や亜鉛を積極的に摂取していくことによってしっかりと赤血球の数を増やしていくと全身の状態も回復しながら髪もしっかりと丈夫にのびるようになっていくと期待できます。

女性にとって比較的多いもう一つの病気が甲状腺機能低下症であり、甲状腺ホルモンの分泌量が低下することによって身体全体でのエネルギー消費が低下してしまい、むくみや疲れ、肌の乾燥や便秘、体重増加や集中力の低下などがもたらされてしまうことが特徴的な症状としてあらわれることが知られています。多くの場合にはそのままでも回復してしまうために治療を行わなくても大丈夫ですが、症状が苦しい場合には甲状腺ホルモン作用を示す薬を投与することによって抜け毛を含む諸症状を緩和することができるようになっています。

この他にも膠原病なども知られていますが、病院で検査を受ければ判明するものがほとんどであり、適切な治療や日常生活での対策をしていくことによって改善が見込めるとされています。

女性の抜け毛の原因は複雑に絡み合っていることもありますが、病気の症状として起こっていることもあります。典型的なのが貧血と甲状腺機能低下症であり、それぞれに対して適切な対処法が存在していることから、病院に行って検査を受けて対策をしていくと良いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top