Read Article

夏の影響を受ける秋は抜け毛の季節です

夏の影響を受ける秋は抜け毛の季節です

秋になると抜け毛が目立つようになってしまうことを嘆く女性は多いものですが、季節柄どうしても毛が抜けやすくなってしまいがちなのが秋の始めの頃であり、その悩みを抱えて病院やクリニックに行こうかと考える人も多くなる季節としてよく知られるようになっています。しかし、それは季節の変化に応じて起こってしまっているものであることが多いためそれほど心配する必要はないという認識をしていることが大切ですが、本当に季節が原因であるのかということは一度は疑ってみたほうが良いものであり、別の原因ではないことを確認して徐ろに安心を得ていくようにすることが大切です。

女性にとって抜け毛はどうしても気にかかってしまうものであり、いつも洗髪をする度にどの程度の髪の毛が抜けてしまっているかということを確認したり、毎日鏡の前に立って髪が薄くなってしまっていないかということを見てみたりする人も多いものですが、秋になるとどうしても髪が抜けてしまって全体として少し減ったような気分になってしまうことが多々あるのが事実です。これには大きく分けると二つの原因があると考えられており、一つは身体にも精神にも髪にもダメージが大きな夏の季節を過ぎたタイミングであるためにその影響を受けて髪が抜けてしまっているというものであり、もう一つが遺伝的な要因によって他の動物と同じように毛が生え変わる時期に相当しているために抜けやすくなってしまっているというものであっていわば不可避の現象であるというものです。

遺伝的なものであるというのは一節にすぎないという面がありますが、夏のダメージという考え方については確かなものがあるのが事実であり、強い紫外線を受け続けてきたことによって頭皮や髪がダメージを受けてきてしまっていることに加えて、夏の暑さが身体にこたえてしまって疲れがたまってしまっていたり、暑さによってストレスがたまってしまっていたり、体力の低下や睡眠不足、食欲減退による栄養不足なども重なってきてしまっていることによって髪の毛が抜けやすくなってしまっていると考えるのは妥当な考え方であるといえます。しかし、秋に抜け毛があったからそれは夏のせいであると決めつけてしまうのは浅はかなものであり、もしかすると別の原因も重なってしまっていて毛が抜けやすくなってしまっているという可能性は一度は疑ってみる必要があるものです。

抜け毛には自然なものとそうでないものがあると知られており、抜けてしまった髪の毛の中に不自然なものがあるときには自然な抜け方をしてないと疑わなければならず、抜けた髪の毛をしっかりと観察してみるということが大切になります。その際に注意しておくと良いのがごっそりと大量の毛が抜けてしまっているときや、細い毛、短い毛、毛根がほとんど目立たない毛があるというようなときであり、このような場合には自然な抜け方ではなくて何らかの原因があるという可能性が高いと考えられます。そういったときにこそ病院やクリニックに行って専門医の診断を受ける必要があるときであり、女性の脱毛や薄毛を専門とする外来に行くことによってしっかりとした診断と治療を受けるということが将来的に髪に悩まされないようにするために大切な考え方となるでしょう。

秋はどんな動物にとっても毛の生え変わりの季節ですが、人にとっては夏に受けたダメージが反映されてしまうことによって毛が抜けてしまいやすくなる時期ということができます。しかし、必ずしもそれだけが原因であると断定はできないため、抜けてしまった髪の毛をしっかりと観察して不自然な点があるときには専門医にかかっていくことが大切になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top